B3リーグ加盟申請 結果につきまして

いつも和歌山トライアンズに変わらぬご支援をいただき、誠にありがとうございます。

和歌山トライアンズは、旧NBL時代の経営破綻・リーグ脱退にもかかわらず多くのご支援を頂き、
もう一度、スポーツを通じて和歌山を活性化、地域社会に貢献、心身ともに健康な子どもの育成という理念の元、
Bリーグ(B3リーグ)参入を目指し活動してまいりました。

昨年7月のBリーグ加盟クラブ公募発表より、何度もヒアリングの機会をいただき、
ようやく一般社団法人ジャパン・プロバスケットボールリーグ(B3リーグ)理事会において
審議された結果をいただきました。

結果は、2017-18シーズンは加盟承認は不可、2018-19シーズン審査対象クラブとして、
継続審議していただけることになりました。

改めて、準加盟、クラブライセンス申請手続きに向け活動をスタートするわけですが、
地道な活動と地元和歌山の方々の協力を評価したうえで、財政基盤を固め準備するようご指摘をいただきました。(別紙)

この結果を真摯に受け止め、明確になった課題をクリアすべく2018-19シーズン参入に向けて活動してまいります。

一番の課題である「財政基盤が整っていない」という点に関しては、
和歌山県内、近隣地域の企業・団体様、和歌山県、和歌山市民の方々のお力添えが不可欠ですので、
改めてご協力、ご支援をお願いいたします。

また、ご協力やご支援をお願いするばかりでなく、トライアンズの様々な活動を通して
多くの方に認知され、地域の皆さまに愛され必要とされることが大前提と考えておりますので、
より一層地域貢献、スポーツ振興、活性化に尽力してまいります。

なお、今後の活動計画につきましては後日発表予定ですので、
取り急ぎ審査結果についてご報告させていただきます。

今後とも、和歌山トライアンズへのご支援・ご協力よろしくお願いいたします。

一般社団法人プロバスケットボール運営委員会
代表理事 永広 敏之